• 冷凍倉庫用
  • 極寒地用
  • ゴアテックス
  • 防寒用品
  • お客様の声
RSS

失敗しない防寒着の選び方

一見同じに見える防寒着たち。
実はそれぞれ特徴が違い、意味を持って存在しています。

例えば・・
冷凍雇用防寒着は-20℃〜-60℃の寒さに耐える
ために存在していますので、寒さに耐える力を集中させて作られています。

冷凍倉庫用防寒作業着は倉庫内で着用するので
大雨や嵐に耐えるほどの防水機能は必要ありません。

倉庫から出入りするので雨にも当たりますが
撥水加工はしているので多少の雨は撥水加工で十分です。

そしてその冷凍倉庫用というグループの中で
と分かれています。

防寒着を場所(冷凍倉庫)と用途(マイナス何度の倉庫)
で選びます。


では屋外用の防寒着です。
氷点下になる冬場の場所の屋外作業では
雪や雨も降りますし作業中は汗をかくので汗が冷えては
を着用します。
機能綿とよばれるあたたかい特殊な中綿入りの防寒服。

特に、例えば・・・
東北の人が東北で作業する
大阪の人が東北で作業する
は耐寒が違います。

後者の場合は本当に極寒地作業着をおすすめいたします。

そして
寒がりな人、そうでない人の違いがあるので
全てが当てはまりませんが、大阪など寒くない地域での
屋外作業の場合は極寒地用をおすすめはしていません。

雨でも作業が続く場合は防水防寒着で十分です。
あとは、軽さを重視するか丈夫さを重視するかや、
コスト・会社のイメージカラーなどから選びます。

防寒服プロではカテゴリーに分けて防寒着選びを
していただきやすくしています。
もし選ぶのに迷ってしまっても大丈夫です。

私、寺田宛にお電話下さい。TEL072-924-2040
毎日たくさんのお客様よりお電話やメールにて
お問い合わせをいただいており、長年防寒着に
携わっているので実績と経験で、
どの地域(場所)でどんな事(用途)をされるか
教えて頂きましたら、その場ですぐに提案いたします。

お気軽にお問い合わせ下さい

ページトップへ