• 冷凍倉庫用
  • 極寒地用
  • ゴアテックス
  • 防寒用品
  • お客様の声
RSS

体温を低下させるメカニズムについて

 重要なポイントは何度も書かせて頂いていますので

いつもブログをご覧になっている方は
もうご存じかと思います。

今回の動画のタイトル画面は
怖い感じになっていますが再生すると
あの防寒服プロ イケメンキャラが出てきます。
ご心配不要です。
あのイケメンキャラの名前は何でしょう。
上手すぎる絵は誰が書いたのでしょう。
そして誰が話しているのでしょう。

シリーズ化していきますので
知ってる方も是非見て下さい。
そしてチャンネル登録お願いいたします。


体温を下げるメカニズムを知ることによって
より適切な寒さ対策が可能となります。
ブログを初めてご覧になた方は是非知っておいて下さい。

ありがとうございます。

防寒着の中綿の重要性について

またまた何派?のお話。


派とは

「犬派? 猫派?」の派。

これが正解!というのはありません。

全部正解です。

個人的に何を好むか。

そんなノリで♪


防寒着の世界にも色んな「派」があります。


「防寒」という一つの目的を達成する為に

いくもの方法が存在します。


A防寒服を着る。

B気合いでのりきる。

C外に出るんやめとく。

などなど

そのいくつもの方法から選択していきます。


防寒服を着ると選択した場合も


A 中綿入りのアウターを着る 

B ヒーター付きのアウターを着る

C 中を着込む

などなど

たくさんの方法があります。


私は「中綿派」です。


中綿が大好きで

中綿の話しを肴に何時間でも話せますが

下の動画に話しを

【ギュッとまとめて短く】解説しています。

良かったら聞いてやって下さい。


中綿は残念ながら服を破って開けて見るわけにはいきません。

 防寒着は簡単に開けて閉じられるモノではございません。

特に防寒着は防水など仕組みが複雑です。


だからこそ実績のある製品を選ぶ必要があります。


防寒服プロでいうと商品ページに

中綿の説明書きが書いてあります。

そして実績がある商品はランキングとして掲載しています。


中身が見られないからこそ実績が大切と私は思います。


ありがとうございます。






そして私は犬派です。

ゴアテックス撥水性を復活!

ゴアテックスとは

梅雨ですね。
この時期の屋外作業は大変です。
雨は降るし、気温は高くて蒸れるし。

防寒服プロでは、蒸れを放出する機能のある
ゴアテックス素材の
レインウェアをおすすめしています。


私は毎日屋内で仕事いていますが
手で植える田植えを手伝わせてもらっているので
この時期なので雨の確率が高く
レインウェアのお世話になります。

一度買ったら長く使いたい。
いつまでも強力な撥水効果を保ちたい。
そこで、ゴアテックスの簡単なお手入れ方法を
書いておきます。

寝た撥水基を起こしてあげると撥水機能は復活します。
撥水基とは生地の表面の水分子より細かいうぶ毛の
ようなものです。

撥水基が整列して起きている時は
生地の上の水は水の玉になってコロコロと落ちる。
汚れや摩擦で撥水基が寝てしまうと
撥水が落ちてきたなぁという状態です。

撥水機能が落ちてきたら撥水基を起こしてあげましょう。

人が起きる方法は目覚まし時計かニワトリ。
汚れなどで寝てしまった撥水基を起こす方法は熱。

撥水基の起こし方。
一番簡単な方法は
使った後、水できれいに手洗いして
タオルで拭き取ってドライヤーで乾かす。

他には
当て布をして低温のアイロンをかけてあげる
その際はアイロンのスチーム機能をOFFにして下さい。

そしてたまには撥水スプレーをかけてあげて下さい。

レインウェアや防寒着を干すときは
陰干しです。

撥水スプレーをかけるときは
スプレーが人や自分にかからないように
風向きには充分気をつけて下さい。



ありがとうございます。

youtube防寒服プロチャンネル新展開。

防寒服プロyoutube


防寒服プロチャンネルの方は新展開です。

寒さ対策について重要なポイントを
防寒服プロのイケメンキャラクターが説明してくれる
シリーズです。

さて問題。

このイケメンキャラクターの名前は?

詳しくは


上記がyoutubeのリンクです。
是非ご覧下さい。
よろしければチャンネル登録をお願いいたします。



いつもありがとうございます。

冬は危険で夏は役に立つ人の機能とは

 6月の今日はとても暑いです。

30℃あります。
こんな暑い日はリポーターの川村さんが
撮ってくれた北海道の美しい風景を見て涼みましょう。

動画が届くのを毎週本当に楽しみにしていましたが
 現在はこのような状況ですので
体感リポートはお休みです。
以前撮影してくれた動画となります。


涼めましたね~!
川村さんありがとう!

今回は、気化熱のお話しです。
私がいつも、ブログで話している
【汗冷え】のこと。

その汗冷えは、熱を奪う大敵です。
だから服の中をドライに保つのがとても重要な寒さ対策。

汗は熱をを奪います。
汗が乾くとき気化熱として体温を奪ってしまうので
【防寒】のお話しの中では非常にやっかいものですが

逆に・・
夏の場合は・・・!?

そうです。
かいた汗が乾くときに体を冷やすことができます。

と、いうことで
今、夏場にとても人気のファン付きの服
「空調服」は暑さ対策にとても効果のあるものなんです。

ファンからの風でかいた汗を
乾かして気化熱で体温を奪うという目的。

すごい製品ですね。
最近の夏場は特に暑いので夏の重要アイテムですね。


今回は珍しく温かくないお話でした。


ありがとうございます。




超暖かい防寒手袋2種類の比較

今日はどっち派?の話ではありませんよ。

防寒服プロのWEBサイトで超暖かそうな手袋を買おう
としたら2種類最終候補があがって
どちらか迷った方多いと思います。

その2種類とは





お客様にご理解頂きやすいように独自のネーミング
で販売しています。

どちらを選ぶか。

屋外防寒着

まず、屋外で使う場合。
これはネーミングとおり


極寒地でも使えるこちらを選びます。
理由は防水仕様になっているからです。
水分は熱を奪います。
防水は重要な寒さに対する予防となります。

(例外)
凍った屋外。マイナス50℃になる屋外が存在します。
世界のどの地域かは今回おいておいて
そのような環境でお使いの場合は
でもどちらでも問題ございません。



冷凍庫専用防寒作業服

次は冷凍庫で使う防寒手袋として。
この場合は



どちらでも問題ございません。
そうです。
ここで迷うんですね。
どちらがいいか。

私はどちらでも良いと思っています。
どちらでも良いというより
どちらかをお選び頂いた方が良いと考えています。

特徴は
手のひらが革で強い。
ロングセラー商品で長年の馴染みがある。
内側はボアです。

アウターを外すとフリースインナーで使えるので
指先の細かい作業時のみアウターを外せる。
そしてインナーはこまめに洗える。


MB128とアウターを付けた状態のIS501なら
MB128の方が指を動かしやすく感じます。

上記のような特徴がございます。
どちらか好きな方をお選び頂いて問題無いかと思います。
どちらの機能性を重視したいかでお選び下さい。


ありがとうございます。

防寒着はコート派?ブルゾン派?

「派」のお話し

その派とは
「あなたは犬派?猫派?」
「1杯目はビール派?ハイボール派?」
の「派」のことです。
私はビール派です。

防寒着の世界でよくあるお話しでは

コート派? ブルゾン派?

防寒服プロのWEBサイト見ていただくと
パンツ1種類に対して
シンサレート極寒防寒作業着
上着が2種類あるというパーターンの製品が多くあります。
シンサレート極寒防寒作業着
シンサレート極寒防寒作業着

どちらを選んでも正解です。
両方に長所があるので
犬派?猫派?のようにどちらが好きかです。
好みでお選び下さい。
きっと好みが分かれるから1つの種類に対してコートとブルゾン
両方存在しているのが多いのでしょうね。

私は「コート派」です。

とくに理由はございませんが
家の防寒着はコートタイプばかりでした。
無意識に選んでるのかな。
すなわち「どちらかというとコートが好き」なんでしょう。
形がすきなんでしょうね。

私ならコートかブルゾン選らべるなら
こちらをチョイスするということだけなので

他の派をチョイスした人を否定したり
こっちの派にしようとしたりしません(笑)

1杯目がビールでもハイボールでもスパークリングワイン
でもシュワっとしていない飲み物でも
お酒を飲むという行為は同じで何を選ぶかは
その人の好みです。

皆様の防寒着の形は何派でしょうか?


【ここから防寒着のプロとして書きます】

好みでどちらでも良いのならわざわざココに書かなくても
と思われるかも知れません。

ではなぜ書いたか
コート派でもブルゾン派でもどちらでもない人は
どちらが良いか悩まれるからです。
どちらをお選びになっても問題ないですよ
と伝えたかったのです。

ご参考になればと特徴や傾向を書いておきます。

【好きな特徴】

ブルゾンは丈が短く動きやすくて好き。

コートはお尻まで覆い被せられるので腰が冷えなくて好き。

【嫌いな特徴】

ブルゾンは座っていると裾のゴムがずり上がってくる。

コートは裾が長くてズボンのポケットにアクセスしにくい。

など言われます。

次は傾向です。
※【防寒服プロだけ調べ】です。

もちろん全てのご注文がそうではございません。
どちらかといえばどちらが多いかなという傾向です。

【地域】
北海道へはブルゾンの出荷がどちらかといえば多いです。
東北・関東・甲信越地方へはコート型が多いです。

【品番】
人気の極寒防水防寒シリーズは圧倒的にコートが多いです。

冷凍庫防寒着も圧倒的というかほとんどコートです。

軽くて動きやすい防水防寒
E61000ブルゾン  E61100コートはブルゾンが多いです。

個人差がありますのでこれが正しいということはありません。
「日頃、慣れた寒さの中にいる
慣れない寒さの場所に行く」

では寒さ対策は違いますし

「寒い場所で動いていると寒い場所で座っている」

でも着る服装は変わります。

お好みで選んでいただいて問題ございませんが
もし迷われたら上記をヒントにして下さい。


書いてて楽しかったですけど
今回は雑談の方が長くて済みません。



いつもありがとうございます。

you tubeチャンネル是非ご登録下さい

このブログ、店長日記にカテゴリがあれば

とても分かりやすいんですけど新しい順番から並んでます。
過去に書いた重要なことが新しい記事で埋もれていくので
埋もれすぎたタイミングで同じようなことまた書いています。
特に基本的な寒さ対策についてです。
長年ご覧になっている方がいらっしゃいましたら
また同じこと言ってるなと思われているかもしれません。
すみません。こういう理由なんです。

今回も重複した内容になります。
youtubeやってます。


防寒服プロで特に人気のある製品などカテゴリに分けて
掲載しています。
北海道は増毛町にてレポーターの川村さんに
当店一番人気の極寒防寒着59000
着てもらって実際に作業してもらっている動画も
防寒着の性能を理解してもらいやすいと思います。


ゴゴゴゴゴッと音を立てて吹雪いてるシーンすごいです。
北海道からレポートの昨年から休止しています。
再開できるようになることを待っているところでございます。

Youtubeの方も少しずつ増やしていくので
是非チャンネル登録お願いします。


ありがとうございます。

レインウェア選びの透湿性について

真夏の遊園地

巨大な急流すべり。

水しぶきで服も下着も財布もビッショビショにならないように
搭乗まえにビニール製のポンチョを買って被ります。
乗り物に乗ってユラユラ揺られながらゆっくりと滝へと進み
バッシャーン
「あーポンチョ買ってて良かった」
でもポンチョ脱いだらTシャツ濡れてる
「なんでやねーん?」

それは蒸れてますねん。
Tシャツが濡れてしまったのは水しぶきのせいではなくて
汗が原因です。
ビニール製のポンチョは水を通さない
それに加えて暑さで身体から出る水蒸気も通さない。
とにかく水を通さない物質で
真夏に被っていると蒸れているんですね。

急流滑りで外から迫ってくる大量水の量と
数分の乗り物に乗っている時間の身体から出る少量の水
を比べたら、私はポンチョを買うことをおすすめします。

しかし長時間となると話は別。
急流滑りのユラユラの時間が長いというわけではなく
雨の日に、お仕事やレジャーなどの理由で
長時間、カッパ類を着用していなければならないという場合です。

「防寒着とは身体をドライに保ち動かない空気を保有する」
とブログに何度も何度も書かせて頂いています。
この先も一生書き続けます。それほど重要。

身体をドライに保つという意味は汗冷えを防ぐと
いうことで、寒さ対策のお話しになりますが
真夏でも、やはり汗をかいて乾かない状態は不快ですよね。

ではどのように問題を解決するかです。
答えは「蒸れを防止するカッパ類を着る」

外から来る雨は中に通さない
身体から出る、水蒸気は外に出す。

そんな素晴らしい機能それが
「透湿性のある素材」
水を通さず湿気を通す生地で作られたレンウェアがあります。


皆様に一瞬でご理解頂くために有名な素材は
GOREーTEX(ゴアテックス)。
それに
日本の超優れた素材DIAPLEX(ディアプレックス)。


そのほかにもたくさん存在します。

なら
急流滑りのポンチョも透湿性のある素材のに
変えて欲しいですよね。
それが「高いんです・・・」
使い捨てで着られる価格帯の代物ではございません。
使い捨ての用途や、すぐに破れてしまうような環境での
使用やイベントなどの場合はビニール製のカッパの方が
向きます。

用途によって使い分けが重要ですね。

私も透湿性のあるレインウェア持ってるんですけど
たまに自転車乗るときと
プライベートでワイン作るための
ぶどうを育てるボランティアに参加させてもらってるんですが
持ち歩いていて急に雨が降った時に着ます。
棚田の田植えもお手伝いしていて田植えの時に尻もち
付いたらやばいのでそのレインウェアを履きます。
使うシーンはこれくらいかな。
もう買って7年くらいになります。
ちゃんと手入れして、まだまだ使います。

ひとによって価値観はさまざまですが
私にとっては大切に大切に使う価値で
愛着があるのでたまにしか使う機会がありませんが
気持ちよく使えます。
(でも雨の日が楽しみだ!とは思ってません)

透湿性のあるレインウェアは中がじっとりしないんです。

私使ってるのはこれだよと
伝えたいのですが今、売ってないんです。
商品ラインナップもアップデートしていってますので
そこでおすすめを紹介します。

防寒服プロで1番売れているのは

ゴアテックス軽量

シンプルなデザインのゴアテックスレインウェアです。
3色のの中で色はブルーがよく売れています。

その次が

ディアプレックスレインウェア
こちらも人気で脅威の防水性・透湿性を誇ります。

新しく販売を開始した製品は

bloom田中産業

こちらはおしゃれで女性に向くピンクのレインウェア
おすすめです。

冬は防寒着として、夏はレインウェアとして着られる

ゴアテックスアウター

もございます。
中のインナーを付けて冬にインナーを外して
春、梅雨、秋年と中使えるすごいウェアもあります。
なにがすごいかというとインナーの素材は
NASAの為に開発された体温を調節する素材を使っています。

ほかには

高視認性ゴアテックスレインウェア

昼夜を問わず着用者の視認性を保ちます。

優れた機能性を持つカッパでじめっとした雨の日も
からっとお過ごし下さい。


冬以外の季節も防寒服プロを何卒よろしくお願いいたします。



ありがとうございます。







もちはだ腹巻き新発売!

ワシオもちはだ腹巻き


もちはだシリーズ第二弾
極厚地二重腹巻き。

腹巻き最強

上の写真をご覧頂いてわかるように
長い筒を折って2重で使うようになっています。
もちはだ起毛の極厚地が2重ですからかなり暖かさ期待できますよ。
厚みは結構あります。

私、試着しました。
空気を多く保持できるように開発された
もちはだを2重さすが暖かさは素晴らしいレベルです。
もちろん着用感は感じますが
2重になっていても窮屈感は感じませんでした。
男女兼用のフリーサイズとなっているだけ
あって伸び縮みは、かなりします。
防寒服プロとしてはとても良い品を
新発売することが出来ました。
弊社で腹巻きは初めて販売を開始します。
しかしもの自体は40年の実績があるものなので
ご安心下さい。

また使った感想を報告させていただきます。

それともうひとつ

「買うならどっちの色?」

もちはだはらまき

男性の私はチャコール派でした。
画像を作ってくれている女性スタッフさんはベージュ派でした。

私はチャコールの方がかっこいいやん!

女性スタッフさんは上に薄い白いものを着た場合でも
目立たないベージュの方かな!

そうか本当ですね・・
私はアニメで有名なあのパパを連想してしまいました。
基本は腹巻き見せるものではないのだ!

結論は腹巻きは見せないものだから
どちらの色でも問題ないんです。
目立たなくするならベージュかな

でも私はチャコールに1票です。


防寒服では新発売の40年の実績を持つ日本製の暖かい腹巻き。
もちろんご購入いただくお客様に暖かく
お使いいただいて喜んでもらうことが一番です。
それに加えて
どちらの色を皆様がお選びになるか次の服のシーズンが
来るのが今からたのしみなのだ。


ありがとうございます。


ページトップへ