• 冷凍倉庫用
  • 極寒地用
  • ゴアテックス
  • 防寒用品
  • お客様の声
RSS

2種類のナンバー1 防寒着があるのはなぜ?

いよいよ大阪も寒くなってきました。

足が冷えるので私は会社に到着してから
バルキーソックスを靴下の上から2枚履きして
暖をとっています。

防寒服プロのホームページには
NO1の商品が2つあります。


人気NO1 売れ筋NO1
両方にナンバーワンを書いています。
「どっちやねーーん♪」と大阪弁でツッコミを
いれたくなりますが、ちゃんと理由があるのです。

例えば、
「パソコン」といっても
ノートパソコンとデスクトップパソコンがあるように
「お酒」といっても
ビールやワインなどがあるように
種類があるんですよね。

「服」といっても
夏服と冬服があり防寒着は冬服。
そして
「防寒着」といっても
屋外用と屋内用の防寒着など色んな種類が
存在しています。
これです。

2種類のNO1とは防寒服プロの中で
屋外で着る防寒服の中で一番販売点数の多いもの。
屋内(冷凍庫)で着る防寒服の中の一番販売点数のもの。

だから2つ存在しています。
同じ防寒着という大きな分類ですが
用途が違います。

防寒着最強人気NO1
まずは屋外用。
極寒防寒コートはその名のとおり寒冷地対応の
防寒着です。
外に出る為の仕様なので、雨や雪が降った場合に
備えて、防水テープが縫い目に付いています。
大きな取り外しの出来るフードも付いています。

もうひとつは
驚異の保温性!冷凍倉庫用防寒服

こちらは屋内(冷凍倉庫)用です。
屋内は雨も雪も降りません。水分は凍っています。
撥水加工の生地で防水テープは付いていません。
特殊な生地は冷凍庫ないでも硬くならずに動きやすい。
マイナス55度の超低温冷凍庫対応ですが
-30℃前後の冷凍庫でも広くお使いいただいています。

このように一言で防寒着とっても
種類が存在します。
今日のお話は、大きく2つに分けたものであって
奥深くにたくさんの種類が存在します。
「屋外用防寒着」といっても防炎素材や・・
というように、いつまでもお話しが続きますので
また次の機会にお伝えしますね。

しかし、ご安心下さい。
防寒着についてお勉強されなくてなくても
防寒服プロが実績に基づいて、さまざまな用途に
対してカテゴリーを分けて出来る限り
最適なものをホームページ上で見つけて
いただけるように、日々更新しています。

商品の写真の入れ替え作業も現在
行っていまして見やすくなって来ています。
商品ページもすこしずつ変化していますので
よければご覧になって下さい。



ありがとうございます。

新潟県ラジオ番組にて防寒着のお話しをいたしました

先週に引き続き、本日2018年12月5日

新潟のラジオ局、FM PORT様の番組
「マニアーズ・ハイ」に出演させていただきました。


今年の6月に関西テレビさんの番組
「よーいドン となりの人間国宝さん」に
取材をしていただいたのが初出演で
先週の「マニアーズ・ハイ」が2回目
人生3回目の出演となりました。

「リラックス、リラックスと思いながらも・・
ぜんぜん緊張するしw」
でも、不慣れながらも伝えることが出来るように
自分なりに一生懸命に話しさせていただきました。

お聞き下さった新潟県のリスナーの皆様
放送局、番組スタッフの皆様ありがとうございました。
コメンテーターの佐藤様、テンポよく楽しく
会話をリードしていただきまして
ありがとうございました。

新潟県以外の地域にお住まいの方へ
どのような防寒着の話しを
させていただいたかといいますと

防寒着のお手入れの仕方
洗濯機で洗えるのか?
ゴアテックの性能の復活方法?
上記リンクにお手入れの方法が載っています。

最強の防寒着はどこまで行けるか?

コストパフォーマンスに優れた防寒服は?

などなどお話しいたしました。

とても楽しい時間となりました。
心より感謝いたします。



ありがとうございます。

ラジオ番組に出演いたしました。

新潟県にお住まいのお客様は

聞いていただいたかもしれません。
初めての方も聞かれてこのブログを
見ていただいているかもしれません。

はい。

本日2018年11月28日15時〜
79.0 FM PORT 新潟県民エフエム放送株式会社様
のラジオ番組の中の番組
「マニアーズ ハイ」
に電話出演させていただきました。

防寒着のマニアとして
防寒服について語らせていただきました。


ラジオ番組初体験で緊張しましたが
とても楽しかったです。

来週も、(2018年12月5日水曜日 15時〜)
同じ番組に出演いたします。
是非、防寒着の話しを聞いてください。

お聞きいただいた新潟県のリスナーの皆様
ラジオ局のスタッフの皆様
本当にありがとうございました。

かっこいい防寒作業着はこれ

実は2週間前まで暑くて、半袖Tシャツの格好で

防寒着の出荷をしていました。
11月なのに冷房をかけていた日もあります。
大阪は暑かったです。
しかし、今日になって急に寒くなりました。
今、モフモフした格好で記事を書いています。
ようやく大阪も冬になってきました。
秋をとばして。

今回はインナーと防寒アウターの間に着る
超おすすめのウェアを紹介いたします。

作業中は防寒アウターを脱ぐ場合や
防寒アウターを着れない環境の方も居られますので
そのような場合にとても効果的。

もっともおすすめのパターンは
具暑い防寒着が必要ないけど
普通の作業着のままでは寒いから
「暖かくてかっこいいユニフォームがほしい」
場合はこれ


ゴアウィンドストッパー
裏フリース生地で暖かく、スリムなデザインで
かっこいい防寒着です。
GORE(ゴア)ウィンドストッパー、メンブレン
は驚異的な防風性と透湿性を持つので
被服内の暖かい空気を風に奪われることなく
かいた汗は外に放出するので、汗冷えを防止します。
表地は、シャークスキンぽい肌触りで高級感があります。
デザインはスポーティで、
何年も継続して続く商品なので、会社のユニフォーム
としても着ていただけます。
かっこいいユニフォームになります。
胸や背中に転写プリントをして、オリジナル制服として
ご着用いただけます。

個人の方から、アウトドア用の中間着として、
そして企業にも、制服として納入も防寒服プロで
実績があります。

快適さが抜群のGORE。
本当におすすめできる逸品です。


是非ご覧下さい。


ありがとうございます。

風を通さないインナー。ゴアウィンドストッパー

重要なことなので何度も何度も書いていますが

防寒とは服と肌の間にある暖かい空気を
長時間持ち運んで寒さを防ぐこと。
と私は考えています。

衣類を使う方法では、ふたつ
ひとつ目は服をたくさん着込むこと
ふたつ目は被服内の熱を奪われないこと

でも、ひとつ目の
着込むことも重要ですが
着込みすぎて汗をかくようなら
汗が熱を奪ってしまいます。

なので、ただたくさん着込むのではなく
出かける環境や気温に合わせて正しく
衣類を合わせて着ていくことが良いですね。

そのためには、ふたつ目の
被服内の熱を奪われないように服を着るということです。

熱を奪う要素は色々あるかと思いますが大きくふたつ。

水分 と 寒風

水分とは、雨や雪そして波しぶきなど外から来る水と
身体から出る汗のこと。
それと、寒い外に出て外気と被服内の空気が
入れ替わってしまうこと、
寒風にさらされるとその時間は早くなります。

そこで
雨風を防ぎ、汗を外に放出する機能がある服装が
必要となります。

いつも紹介している防寒服プロのイチオシ商品
などが防寒性に加え防水性、防風性、透湿性(汗冷対策)
に優れたものになります。
マイナス20℃など、かなり寒い場所でしたら
肌着として、ひだまりチョモランマを着られたら
最強の防寒になります。

上の話はいつものお話しなんですが。
が、今回のお話はすこし違うんです。

事情があって着込めない場合の防寒対策
これが今回のお話の本題。

事情ってどんな事情?
はい。
ホテルや旅館での、玄関でのお客様や車の案内。
上に服を着込めないので服の中に着れて
着膨れしない、風を通さない服。
や、
会社でユニフォームが決っていて服を替えられない。
お客様に会社のスタッフと分かるようにその上に
防寒着を着れない。
や、
防水でないスタッフジャンパーを着てイベント
屋外で寒いから防風のインナーがほしい。
や、
真冬のゴルフ。

そんなときは
ウィンドストッパーゴアテックスインナー
ウィンドストッパーゴアテックスパンツ
ゴアテックスアウトドアウェア
GORE(ゴア)ウィンドストッパーインナー
です。
防寒服プロ通販サイトでも非常に人気のある
おすすめ商品です。

とても薄いです。
だからインナーとして着用できるのです。

GOREのメンブレンが雨や風をシャットアウトし
かいた汗を放出しドライに保つため、汗冷えを防ぐ。

このインナー自体は着て暖かくなるものでは
ありません。
それは、今回の記事の一番初めの話に戻りますが
水分や寒風で被服内の熱を奪われない為の服だからです。
そういうことなんです。


インナージャケットとインナーパンツ
があります。
お困りの方やお悩みの方、とてもいい品ですので
商品ページをご覧下さい。


ありがとうございます。

年中使える防寒着!?脅威の防水性を誇るアウトドアウェア

屋外で使用する防寒着は通常、春夏はクローゼットの中。

年中使える防寒着というのは言い方が少しおかしいですね
「冬に防寒着として買った服の中綿を外して年中使える」
が正しい伝え方ですね。

そう
冬場はスーパー高機能防寒着として
秋は最強ウィンドブレーカーとして
春夏は蒸れないレインウェアとして
1年中活躍する超おすすめのアウドドアウェア

ゴアテックスアウトドアウェア
デザインもかっこいい防寒着です。

とてつもなく超ハイスペックです。

まず、取り外せる中綿の素材は
アウトラストといって
アメリカの、あのNASAの為に開発された
素材で、皮膚の表面温度を維持する機能があり
極寒でも寒くなりすぎないように
暑くなっても暑くなり過ぎないように
中綿が温度調節してくれます。

インナーをアウターとしても着れますので
3WAYジャケットとなります。

次は外側の素材。
アウターの方は年中使えます。
冬場はアウトラスト中綿のインナーを装着して防寒着
夏場はインナーを外してレインウェア。
素材はご存知GORE−TEX(ゴアテックス)
メンブレンを付けた防水・透湿アウターです。

防水性は驚異的。
耐水圧 35000mm以上
防寒服プロの独自の基準ですが
お客様にとってとにかく分かりやすいように
耐水圧10000mm以上を大雨に耐える超防水ウェア
10000mm以下を防水ウェアと分けています。
ゴアテックスの耐水圧は35000mm以上ですので
驚異的な防水性能です。

透湿度も10800gでずば抜けて蒸れを防ぎます。
冬場の恐ろしい汗冷えや
夏場、通気性のない雨合羽を着て汗でまとわり付いて
不快な経験をされたことはありますでしょうか。
透湿性のあるレインウェアは外からの雨を遮断し
内側の汗は外側に放出するので被服内をドライに
保ちます。

アウトドアや作業はもちろん。
傘を使えない時、自転車に乗るときに
年中通してとても活躍します。

生地もしっかりとしていますので
長くご愛用いただけるかと思います。

商品の詳細は商品ページに詳しく書いていますので
せひご覧下さい。



よろしくお願いいたします。


ありがとうございます。

総合的に優れた防寒着とは

プロ野球で言うと、例えば

代打の切り札、足のスペシャリストや
走攻守3拍子揃ったプレイヤーなどの呼び名で
選手の特徴や役割をあらわしています。

ここは防寒ワールド。
例えば、スペシャルな防水・透湿の服はダントツで
がそれにあたります。
強さは数値で表されいます。

と同じ防寒ウェアでも役割が分かれています。

では、今回は屋外で使う防寒着に焦点をあて話します。

お客様は、さまざまな環境や地域、用途、事情があって
冬用防寒ウェアを探しています。

私の方は、実績による統計に基づいて予測し
防寒服プロで扱う商品の中から選んでお奨めしています。

予測といっても、わからないことは、わかりませんと
はっきりとお答えするスタンスですので
適当にお答えするわけではありません。
実績による統計でお話しします。

長年どっぷりとやってますので
地上・海上は多く実績があります。
わからないことは
空中・海底は実績があるかないか把握していませんので
わかりません。
あとは個人差です。
寒さの体感の個人差は残念ながら、わかりません。

わからないと言っても放置しませんよ。
特に寒がりの方にはインナーを足せばどうか
など、提案します。

逆に着膨れするほど防寒服を着て汗だくに
なれば汗冷えで逆効果になりかねませんので
ほどよく、ちょうど良いバランスが重要。

寒さに耐えれる個人差については
やはり、実績による統計でお話します。

はじめに戻りますが
お客様は、さまざまな環境や地域、用途、事情があって
防寒着を探しています。

気温、環境、用途がさまざまな中から、個人差も踏まえ
これなら大丈夫です。
とお答えする防寒着は万能型となります。
選手でいうと3拍子揃った実績のあるものをお奨めします。

○機能綿と呼ばれる、特殊な保温中綿がしっかりと
入ってる。

○防水性に加え、被服内の湿気を外に放出する
汗冷えを防止する素材を使っている。

○ハードな作業や引っかきにも強い丈夫な生地である。

0℃〜マイナス10℃の温度帯はもちろん
マイナス20℃、マイナス30℃といった極寒環境。
日本国内を含め、海外でも着用実績がある防寒着。

北極、南極、マイナス40℃より寒い地域以外では
安心してお奨めできる防寒服プロでよく売れているのが

シンサレート極寒防寒作業着

防水極寒防寒着シンサレート
思われたより、モコモコしていないでしょ。
それは、機能綿、シンサレートは
薄くて綿の中に暖かい空気を閉じ込める素材で
軽く薄くて暖かい。
でも中綿はしっかりと入っています。

防寒着を着て屋外で身体を動かす想定なので
動きやすさ、丈夫さそして防水性、透湿性を
高いレベルで兼ね備えたハイスペックモデルです。

お値段も
極寒コート 17950円(税別)
極寒パンツ 10850円(税別)
で丈夫だしコストパフォーマンスもあります。

販売している私の立場から見て安心して
着てもらえる防寒着がこれです。

商品ページに詳しく機能が載っているので
是非、ご覧下さい。

ありがとうございます。

いよいよ防寒の時期が始まります。

10月下旬朝晩涼しくなりました。

東日本は寒くなってきているようです。
皆様、風邪など引かないようにご自愛下さい。

大阪は日中まだまだ暑いです。
私は昨日、30kmマラソンに参加いたしました。
「めっちゃ暑かった」
マラソン大会が始まりだすと
いよいよ、防寒着の季節です。
防寒服プロもこれから防寒着の出荷が
急激に増える時期です。

マラソン大会は秋から冬に多く開催されています。
走っている最中は真冬でも暑いので
もちろん軽装です。
スタート前並んでいる最中はやはり寒い。
私は初心者ランナーなので、
前回の京都マラソンはスタートの「ドン!」
が遠くで鳴ってから、スタート地点まで10分くらい
並んでかかりましたのでなかなかの寒さ。
大会運営者さんがよく考えられていて
着なくなった防寒着を羽織って並んで
スタート地点の手前に防寒ウェアの回収BOXがあり
そこに入れてから走り出します。
回収された防寒着は、寄付されてリユースされます。
とても素晴らしい。GOODアイデア感動しました。

軽装でいなくちゃ行けない場合の防寒具で
おすすめは、使い捨てカイロ。
指先や耳など血がめぐりにくい場所や腰。
貼るタイプなら背中の真ん中
(肩甲骨と肩甲骨の間くらい)を温めて下さい。

手袋は、はめたままスマホが使えるタイプの
防寒手袋も売ってますので便利ですね。

皆様が今冬も健康で風邪を引かないように
防寒着を通じてお手伝いいたします。



ありがとうございます。

首を温める

体温の約半分は首から逃げていくといわれます。

全身を温めるツボは首にあるとされ
首元を温めることは寒さ対策の大事な部分です。

普段着の場合はカシミアのマフラーなど肌触りも良く
おしゃれに防寒できますが
作業やレジャーなどでは、やはりネックウォーマー
の方がじゃまにならず便利に使えます。

防寒服プロでよく売れているネックウォーマーを
紹介いたします。

ロングセラーはコレ。
燃えない素材の防炎ネックウォーマー
防炎フリースネックウォーマー
火にあて続けても燃えません。炭化します。
造船業や鉄工所など企業様からご注文いただくので
販売数量ではダントツです。
個人のお客様のお声ではキャンプで火を使うときに
安心という意見もいただきました。
たしかに、片方は絞れるので、アウトドアで火を
使うときにキャップとして使えば髪の毛が
チリチリと燃えなくていいですね。
まぁ、なるべく火に顔を近づけないほうがいいですが。

そして、私が惚れ込んでいる昨冬の終わり頃から
販売を開始した、「ひだまりシリーズ」からも
ネックウォーマーが出ています。

ひだまりシリーズは、防寒服プロが
最強防寒インナーと名づけているカテゴリーの商品で
実際にエベレスト登山隊の方や襟裳の漁師さん達が
着用されている高機能インナーです。
今年6月にテレビに出させて頂いた時に
歌手の円ひろしさんに紹介していただきました。

男女兼用防寒対策
シンプルなデザインで機能性、肌触りは言うこと無し。
さすが日本製。製品のクオリティも高く
価格も税別2000円と大変お求めやすい値段です。

かさばらないから1つ持っておいてもらうだけで
高い効果を得られます。

防寒服プロは送料1万円(税込み)以上のお買上げで
送料無料の設定をしていますので1万円に届かない
お買い物の際などに是非お求めいただきましたら
と思います。

化粧箱入りなので、プレゼントにも良いと思います。
きっと喜んでもらえるはず。



ありがとうございます。

2018-2019秋冬シーズンがはじまりました

いつもありがとうございます。

一年中防寒着のことばかり考えている
珍しい服屋さん防寒服プロの寺田です。
2018-2019冬季衣替えの時期となりました。

防寒服プロは2007年からインターネット通販をしている
防寒着の専門店。
2013年から「防寒服プロ」を名乗っています。
2007年から2013年までは
「防寒服どっとこむ」という屋号で運営していました。
当時のホームページから今もご注文いただいている
お客様もありがたいことに居られます。
「防寒服どっとこむ」のホームページを
今のお客様にも見ていただくために
スクリーンショットをとっておけばよかった。
自分で言うのもなんですが・・今見たらかなり
ヤバめなページでした。

当時のキャッチフレーズは
「厳選し過ぎて商品点数の少なさなら日本一」
商品点数は冷凍庫防寒と寒冷地用合わせて3点でした。
実際に冷凍倉庫に入らせていただいて
レポートを説明文にしてました。

今は600点以上の商品が集まり
さまざまな寒さ対策する服装を取扱うお店になりました。

実は、今でも「防寒服どっとこむ」時代の名残が
残っています。
トップページ左側のクリックすると会社概要が
出てくるバナー画像。
「極寒の中でがんばるあなたを助けたいのです」
自社サイトはこちら
と書かれた筆字の文章は防寒服どっことむ時代の
トップページの一番上に出てくる画像でした。

それと、このブログのタイトル
日本防寒研究所
「何の研究してるの?」「ほんまに研究してるの?」
と心でツッコまれた方も居られると思います。
これも「どっとこむ時代」の名残です。

先ほども申しました、実際冷凍庫に入らせて
いただいた時のレポートや、
透湿性(汗冷え対策)についてのコラムを書いていたり
するコーナーを防寒研究所と名づけていたその名残。

防寒服どっとこむ boukanfuku.com
から今のページ
防寒服プロ boukanfuku.jp
com が jpになりましたので
どっとこむ を プロ に変更し
防寒研究所 の前に日本を付けました。

研究・・って言ったら私も含め皆様が想像される
「研究」とちょっと違う気がするので
堂々と研究所と書いてるのはどうなのかなぁとは
思っていますが名残です。ご了承下さい(笑)

しかし、1年中ほぼ毎日、秋冬の間は1日に何件もの
ご相談を受けてお客様と一緒に防寒について考えてきた
データの蓄積があります。
実績と経験を元に書いています。
寒さの体感は個人差がありますので
たくさんの実例を集めて平均を話しています。

研究というより蓄積ですね。

他には、海外の○○に行くのだけど。と
ご相談いただいたときは、過去に、同じ国に行った
ことがある方の情報を元にお伝えしています。
購入して頂いた商品を実際にその場所で着られた
写真を送っていただくことがあります。
「ホームページで紹介していいよ」って言って頂かない
かぎり、掲載は一切しませんし、他の人に一切
見せません。
しかしその情報は、私の頭の中に蓄積されますので
次に、同じ場所に行かれる、お悩みのお客様に
実績として、口頭または文章で伝えることができます。
本当にありがたいです。

そのようにして日々、防寒についてお悩みの方が
問題解決できるように1つ1つ実績を積みかねます。

これからもお役に立てる情報を
日本防寒研究所に載せていきます。

お客様で寒いところで着られたお写真など
ありましたら、お送りいただけたら嬉しいです。
「何℃だったけど耐えれた」というお客様のお声は
他のお悩みのお客様にとって良いアドバイスになります。


今シーズンもよろしくお願いいたします。



ありがとうございます。





ページトップへ