• 冷凍倉庫用
  • 極寒地用
  • ゴアテックス
  • 防寒用品
  • お客様の声
RSS

北海道石狩市にある白銀の滝を極寒防寒着59000で散策


防寒着体験リポートの最新版の公開が4月になりましたが
1ヶ月以上前、春になる前の北海道です。

今回は場所を増毛町から石狩市に移しての撮影です。
北海道でマイナス4℃と聞けばなぜか暖かく聞こえるのが
不思議ですね。
いつもの人気の極寒防寒着59000を着て白銀の滝へ
北海道の素晴らしい風景をお楽しみ下さい。



ありがとうございます。

防寒着の日頃のお手入れに即効消臭スプレー新発売

日頃マメに洗濯できない防寒着。
しかしできる限り清潔に着用したいです。

そこで今回は
洗濯した後から次の洗濯をするまでの期間を
気持ちよく快適にご着用いただく方法を書きます。

汚れに関しては、こまめに中性洗剤で拭いて
汚れを拭き取り布で落として下さい。

汗やそのほかのニオイについては
消臭スプレーを使ってこまめにケアして下さい。

おすすめの消臭スプレーは

銀イオン水効果
ミューファン銀イオン水除菌効果
防寒着消臭除菌スプレー
今年1月23日に展示会に行って、私自身効果を試す実験を
してきました。
実験とは、アンモニアをしみこませた布のニオイを
かいでから、スプレーを噴霧しその後すぐに
またその布のニオイをかいでニオイが即効で消えているか
どうかというものです。

即効で消えるかどうかという実験で
まずアンモニアの強烈なニオイをかいでいるので
鼻にというか頭にですかね、強烈な刺激臭の記憶
が残っているのか
私自身の感想としては100%一瞬でニオイが消えたかは
わかりませんでしたが
布にニオイが残っていないと感じました。

個人的に購入して使っています。

アンモニア嗅いでるとき動画撮っときゃ
「うーわ!」って大阪人のリアクションをご覧に入れられて
良かったかもです。

それはさておき
こちらの消臭スプレーおすすめできます。
すでにご家庭にお気に入りの消臭・除菌スプレーが
ある場合はそちらで問題ないです。
こまめに防寒着にスプレーしてあげて下さい。
そのあとは形を整えて陰干しして下さい。



商品ページに載せています。
是非詳細をチェックしてみて下さい。



ありがとうございます。

厳寒の北海道の雪山で着る極寒防寒着59000コート


今回はマイナス7℃の気温ですが前回の吹雪より
穏やかな天気で良かったですね。

今回のこのブログの記事で、初めて見た。
という方は
こちらでは第一話から順番に1ページにて
続けて紹介していますので初めての方はこちらも
ご覧下さい。

次回の第六話は、スキー場から舞台を移して
北海道の別の場所からお届けします。
どうぞお楽しみにしていて下さい。!


ありがとうございます。

吹雪に耐える防寒着

 


2019-2020年冬季は暖冬とは言えやはり北海道は
寒そうです。
動画を見て吹雪の音だけで寒さが伝わってきます。
当店NO1の人気と実力を持つ極寒防寒着59000
は暴風性能も備えているので風を通しません。
中は肌着と薄いフリースで寒くないと話していました。
それは被服内の暖かい空気が風で飛ばされず守られている
ということです。
しっかりと動かない空気を保有しているのは
防風性があるということと同時に
高機能中綿が機能している証拠となります。

ありがとうございます。

スキー場で働く人に向く防寒着59000

スキー場で働く川村和正さん。

スキー場に許可を頂いて実際にお仕事風景を撮影して 
もらいました。
 

着ている服は防寒服プロでダントツ一番人気の
です。

防寒性、防風性、防水性、透湿性に優れた
ハイスペックな防寒着です。

ご覧頂いてご理解頂けるように、極寒地用の防寒着の割に
具厚くなく、体を動かしやすく作業しやすい作業服と
なっています。

スキー場のような雪が降っている、また積もっている場所
でのお仕事に向く防寒着と言えます。

まだまだリポートは続きます。
お楽しみに!

ありがとうございます。

北海道で防寒着の体感リポート第二話をアップ

川村和正さんに防寒服プロ一番人気の
極寒防寒着59000を着て感想を聞く企画の第二話。

2020年2月北海道増毛町の朝7時、気温はマイナス8℃

お仕事に出かける前に撮影してもらいました。

川村さんは徳島県生まれで18歳から32歳まで大阪府
に住んでいた方です。
初めての北海道での生活の中で生の声を聞かせてもらいます。

の下はフリースと普通の肌着のシャツを着ています。

の下はパッチ(ももひき)を履いています。
川村さんは1日中、屋外に出ているお仕事をされているので
防寒パンツの下に肌着を着て
【仕事中は防寒パンツを脱がない出で立ち】
をしています。
日中、屋外屋内を出入りする方は
防寒着の下にズボンをはいて
【仕事中に防寒パンツを脱げる出で立ち】
をします。
それぞれ仕事の環境に合わせて着重ねをします。

では第二話です。


次はいよいよお仕事現場です。
お楽しみに。



ありがとうございます。

人気NO1防水極寒防寒着59000北海道増毛町で体感リポート

先日、防寒服プロのロゴを入れた

当店、人気NO1の極寒防寒着59000コートと
極寒防案パンツ58500が
「北海道増毛郡増毛町」に届きました。

2019年末から北海道増毛町で新生活をはじめられた
徳島県生まれの川村和正さんの体感リポートを
これから掲載していきます。

川村和正さんは私の弟の仕事仲間の俳優の方で
私とは面識がありませんが
極寒の現場で着る方の生の声をお届けしたいと考えて
お願いしたところ快くご協力頂きました。

ユーザー目線で極寒防寒着59000を着用した
体験の感想をこれから数回に分けて紹介して頂きます。

さすが役者さん!カメラに慣れてらっしゃって
寒い中、滑舌良くわかりやすく話ししてくれています。

防寒着の説明だけではなく、増毛町でどのような活動を
されているのか、増毛町はどのようなところなのかも
これから観ていきたいと思います。

スタッフ一同これから楽しみです。

では1話目です。

ありがとうございます。

会社のロゴマークが刺繍出来ます

防寒着刺繍


防寒服プロではロゴマークの刺繍も可能です。
自社で刺繍をしているので短納期で仕上がります。

防寒着ロゴマーク

会社のロゴをメールでお送りいただければ
会社のマークを刺繍いたします。
ショッピングカートで会社名と個人名の刺繍は
ご注文可能ですがロゴマークを入れたい場合は
個別にお問い合わせ下さい。
お見積もりいたします。
色数、大きさによって多少価格が異なります。
ロゴ刺繍は基本、胸に刺繍します。
背中に大きく入れたい場合はプリントをおすすめします。

防寒着刺繍可能

今回は銀糸で弊社のロゴマークを刺繍しました。
刺繍はとても高級感がございます。

防寒着会社マーク

防寒服プロで1番人気の極寒防寒着59000コート
刺繍いたしました。

実はこの防寒服プロのロゴ刺繍いり防寒着、
ある目的があって作りました。

何の目的で、どこで誰が着用するのかは
近日中にこのブログ「でも」発表いたします。

お楽しみにしていて下さい。



ありがとうございます。

レディースひだまり防寒ソックスのリニューアル

人気の女性用防寒靴下

ひだまりソックスがリニューアルいたしました。


P-80とP-82の違いは長さです。
長さが約16cmから約23cmに変わりました。

長くなった分、温かい面積が増えました。

女性用防寒靴下
超高機能でとても暖かい人気の靴下です。

色は黒とエンジです。

レディース防寒靴下

どうぞよろしくお願いいたします。



ありがとうございます。


マイナス20度からマイナス30度の冷凍庫防寒着



マイナス20℃からマイナス30℃の温度帯の冷凍倉庫で
着用する充分な実績を持つおすすめの防寒作業服。

取り外しの出来る襟ボア。
裏地は起毛(きもう)になっていてとても暖かい。
特殊な高級中綿を使用し保温性抜群。

撥水加工を施した表地は水をはじき
静電気帯電防止機能もあります。

取り外しが可能なフードは
ヘルメットをかぶったその上から覆えるように
なっており、
首元からの冷気の侵入を防ぐ設計になっています。

同じ素材の防寒パンツは両サイドに大きな
ボタン付きのポケットが付いています。

裾もボタンが付いていて絞ることが可能です。

多くの冷凍倉庫で使用されている安心のロングセラーモデル。


ありがとうございます。

ページトップへ