• 冷凍倉庫用
  • 極寒地用
  • ゴアテックス
  • 防寒用品
  • お客様の声
RSS

風神服と雷神服

雷神服
PTC面状発熱体で被服内を暖める
雷神服を昨冬ご購入なさったお客様の中で
年中屋外で作業をされている方や
釣りなどレジャーで使われた方で夏場も釣りに行かれる方
におすすめする商材はこちら
空調風神服(運営会社 寺田衣料のホームページ)
です。

涼しくなる服ですので、防寒服プロのホームページには
もちろん載っていません。
防寒服プロの運営会社のページ、作業服の寺田衣料
に載っています。

なぜおすすめするのか・・の前に
「空調風神服とは」から
熱中症対策の空調服
人はかいた汗が蒸発する際の気化熱で
体温を下げる「生理クーラー」というメカニズム
を備えています。
かいた汗に空調服のファンで被服内に大量に外気を
入れることにより汗を気化させて涼しく快適に
する優れもの。
空調服

夏場に大活躍するウェアです。

2019年現在、様々なデザインの風神服が

登場しています。

かっこいいものおしゃれなもの女性用などなど

夏は外で見かける機会も増えていると思います。


ではなぜ、寒さは敵である防寒着屋さんが

こんな涼しいものを薦めてくるのか・・

ですよね。


それは、バッテリーが風神服と雷神服が共用だからです。


これはとても大きいことです。

雷神服も空調風神服もバッテリーを携帯して

それぞれ、ヒーターやファンを動かします。

服自体はそれほど高価なものではありませんが

バッテリーは税込みで1万円ちょっと必要です。


空調風神服は服とファンとバッテリーのセット

で価格帯は平均で18000円〜19000円くらいとすると

雷神服セットをご購入なされた方は

すでに約10000円ほどするバッテリーはお持ちなので

風神服をまだ買われたことがない方は

服とバッテリーを購入するだけで使えちゃいます。


あともう一つ

雷神服でお使いいただいたバッテリーは

これから次の冬まで半年以上、休ませることになります。

通電してあげてる方が機械的にもいいと思うので

冬、雷神服を着られた方で夏、暑い場所に出られる方は

風神服と雷神服を両方持たれてはいかがですが

という提案です。


サンエス空調風神服


テレビなどニュースで猛暑が続いています。

という報道が相次ぐ頃は全国的に品薄になります。

それほど大人気の商品です。

暑くなってくるころに手配されるとよいと思います。


今回はめずらしく涼しくなるお話でした。

ありがとうございます。




「令和」はじめての冬に向けて

桜がきれいに咲いています。

朝晩はまだ肌寒いです。
晴れた日の日中は屋内より外の方が暖かいですね。

弊社の事務コンも5月1日から
平成31年から令和1年(元年)と記帳できるように設定を
してもらって新元号「令和」の準備ができました。

防寒服プロの運営会社、有限会社寺田衣料は
昭和63年創業なので、
昭和、平成、令和を営業となるのですね。
ありがたいことです。
冷凍庫防寒着や特殊用途の防寒着を
ご着用の方は夏期もお取引がございますが
屋外防寒着をご着用の方は次にお目にかかれるのは
「令和」はじめての冬となります。

夏期の間に2019-2020冬季防寒着の
新商品を増やしたり既存の商品を見やすくしたり
じっくりと工夫いたします。

防寒服プロでの独自の販売実績を元に
環境に適した防寒具のおすすめの仕方をしていますので
実績をもっとも重視していますので
急にガラッと商品が入れ替わることはありません。

商品ページはじめに見える部分が実は少しずつですが
見やすくリニューアルが進んでいるんです。

極寒高視認性防寒コート

少しづつですが見てもらいやすくしています。

次に防寒服プロホームページをご訪問いただく時は
少しだけ変わっているかもしれませんので
また見てみて下さい。

新商品を出した時もブログにて報告いたします。

引き続きよろしくお願いいたします。


ありがとうございます。





シバタ工業長靴

ハト印シバタ工業製の防寒長靴をおすすめしております。
ゴム長靴で有名な人気のブランドです。
防寒服プロでも多くの製品を取り扱わせて
もらっています。
品質が良くしっかりしていて私も大好きな
日本製の長靴です。

防寒長靴も用途に合わせて様々な種類が存在します。
作業に適した製品を選んでいただきたいので
今回は防寒安全長靴について書きます。

これからここで紹介する製品は
すべて先芯入りの安全靴です。
靴はゴム製の作業用の長靴です。
職種によって履く長靴が変わります。

あくまで防寒服プロの観点からですが
環境に合わせた選び方をできる限り迷われないように
記載させていただきます。

まず防寒服プロといえば冷凍庫防寒着
防寒長靴の中でも冷蔵庫内作業で履く長靴が
一番販売量が多いです。
その中でも圧倒的に多いのが
冷凍倉庫用安全長靴NR021
冷凍庫での作業に向くダントツ人気の製品です。
温度帯にかかわらず多くの企業様に
ご採用いただいています。
色はネイビー・オレンジ・ブラックの3色で
ネイビーが一番よく出ています。
次にオレンジ。ブラックは新色です。
リフトを運転しやすいようにかかと部分が
カットされていて冷凍庫作業をしやすいように
工夫がなされています。

次に超低温用として
-60度冷凍庫長靴
-55℃の冷凍庫に対応したタイプです。
特殊な中綿キルトとフェルト底で暖かいです。
重量は-40℃タイプの約2倍あります。
2019年にNR011からNR012にモデルチェンジして
保温性・耐久性がアップし消臭機能も追加されました。

上記が冷凍庫専用防寒安全長靴になります。

次が冷凍庫でも屋外でも使用できる兼用モデルです。
シバタ工業防寒長靴
特殊な中綿キルトはNR021と同じで-40℃対応
丈が約9cm長いロングタイプで
ヨーロッパの安全規格EN ISO合格品です。
丈が長いので水際などの建設作業にも向きます。

極寒地用-40℃対応防寒安全長靴ハト印
セーフティベアー白熊。
こちらも極寒地用ですが同じ特殊な中綿入りで
屋外でも冷凍庫でもご使用いただけます。

続きまして屋外に向く防寒安全長靴です。
建設業や水産、海・川沿い、船上など屋外で活躍します。

極寒地用-40℃対応防寒安全長靴ハト印
ひとつ上の白熊1011のフード付きタイプです。
同じ特殊な中綿入りで-40℃の冷凍庫にも対応しますが
フードがついているので水や雪、粉塵の侵入を
防ぎます。
ですので屋外の作業に向いています。
カラーはブラック・ネイビー・イエローの3色。
中でも黒が一番人気です。
屋外でおすすめのブーツです。


シバタ工業セーフティベアー
JIS T 8103適合の静電気を靴底から放出する
帯電防止の長靴です。
静電気防止防寒着をご購入の場合、靴も
同じ機能性を持つものをお選びください。


シバタ工業AC031
厚地フェルトが入った暖かい長靴です。
靴底はフェルトが二重になっていて底冷えを防止します。


安全防寒長靴AC040スーパークリーン
水産加工場や食品工場などで使われる
衛生長靴、こちらも暖かい安全長靴です。

どの製品もとてもしっかりとした作りで
良い品です。
長年使われている方は
「ハト印(シバタ工業製)でないと」
と愛着を持たれている方も多くいらっしゃいます。

ご自身の中で「この靴が最高!」と思える
お仕事アイテムが見つかれば幸いです。

これからもコツコツとおだわり防寒長靴を
増やしていきます。


ありがとうございます。

防寒靴下おすすめ

3月中旬。まだまだ寒いです。

大阪は雨の日が多いです。
私が気温と比べて寒く感じてしまうのは、きっと
春先は寒暖の差があるのと
足下に置いてた電気ストーブを
倉庫にしまってしまったこと
そして、もう外していいかなとおもって
3WAYコートのインナーをとってウィンドブレーカー
にしちゃたこと。
ちょっとフライングでしたね。

寒暖の差がある「時期」「場所」では
着重ねしたり脱いだりできるものを持っておくと
とても便利です。
時期というのはちょうど今頃の時期で
場所というのは冷凍庫内作業時などです。

私のは場合は一日の多くを事務所内で過ごしますが
足下が冷えるので
このバルキーソックスという防寒靴下
2足持ってます。
防寒靴下バルキーソックス

普通の靴下をはいて、寒いときにこの
バルキーソックスを履きます。
靴下を2枚重ね履く格好ですね。

家を出るときは普段の一般的な靴下を
履いて出ます。
バルキーソックスは鞄の中に入れています。
仕事中じとしている作業の時に
靴下の上からこの防寒靴下を履きます。

体を動かす作業の時や外出する時、冷えが取れた時は
脱ぎます。

「快適です」

足下を暖めれば冷えの度合いは
ホンマに全然ちゃうなぁ(大阪弁)
と私は思っています。
1足550円(税別)のバルキーソックス
洗い替えがいるので2足持っています。

ご参考にしていただけましたら。

ありがとうございます。

防寒着のクリーニングについて

じょじょに暖かくなってまいりました。

日も長くなりそして大阪は今年花粉がすごいです。
地域によってはまだ防寒着をきられる方もいらっしゃる
かとは思いますが、お手入れをされて次の冬が来るまで
休ませてあげる時期となりました。
防寒着の洗濯方法は防寒服プロトップページ
左側を見ながら下の方にスクロールしていただくと
上の白熊のイラストが出てきます。
そのイラストの画像をクリックしていただくと


のページが開きます。
上のリンクをクリックしていただいても
そのページが開きます。

防寒着の洗い方を迷われた際はそのページを
ご参考にして下さい。


ありがとうございます。

マックダイナ防炎防寒ベストが新発売!

綿100%で驚きの防炎効果を発揮する。

【Max Dyna】の防寒ベストの販売を開始。
マックスダイナ防炎ベスト
マックスダイナとは・・
高防炎素材です。
肌なじみの良いコットン100%や
防寒性に優れたフリース素材(ポリエステル)
をつかって高い防炎性を実現した
既存では数少ない素材です。

用途は・・
溶接、造船など火を扱うハードな現場で着用します。
帆能や熱に対して着火せず、炎が上がることが
ありません。
また生地が溶融しないので、肌に付着することによる
火傷も防ぎます。
また繰り返しの洗濯でも防炎性能は持続します。

そんなマックスダイナシリーズに防寒ベストが仲間入り。
以前から防炎防寒インナーベストは扱っていました。
今回はアウターベストです。

ベストは防寒ジャンパーに比べ腕が動かしやすく
作業性に優れます。
お腹などの冷え防止になりますし
秋や春になる前の時期はとても良いですね。

表地は綿100%防炎素材
裏地はフリース防炎素材になっています。

安全で暖かい服装でハードな作業も快適にお過ごし
下さい。

商品ページは分かりやすい燃焼実験ムービーが見れます。
よろしくお願いいたします。


ありがとうございます。



防寒目だし帽は冷凍庫作業の必需品

冷凍倉庫の中でのピッキング作業やメンテナンス作業時

に着る防寒の服装。
基本的なセットとなるのが
温度帯で分けられた防寒着の上下。
どの温度帯でも広く使われているマイナス40℃防寒長靴
作業によって使い分けられている防寒手袋

そして今回のお話し防寒フェイスマスク(目出し帽)
とても重要なアイテムで是非お使いいただきたい。
冷凍庫用フェイスマスク

屋外からマイナス数十℃の場所に移るわけですから
冷気を吸い込んで肺が痛くなる。
この症状を防ぐマスクです。
顔だけではなく身体を守ってくれるマスクです。

目だし帽タイプのマスクなので
耳が痛くなるのも防いでくれます。

生地はフリース生地で軽く柔らかく
肌触りが良いです。
裏地の鼻の部分だけポリエステル素材を
採用し工夫がなされています。
鼻の部分は立体的になっていて快適です。

冷凍庫作業の防寒において素晴らしい
効果を発揮いたしますので
フェイスマスクを装着頂き快適にお仕事して下さい。


ありがとうございます。

マイナス60度冷凍庫長靴のリニューアル

-60度冷凍庫長靴

超低温冷蔵庫用の防寒長靴シバタ工業の
マイナス60℃対応安全長靴が
モデルチェンジいたしました。

品番はNR011改め【NR012】となります。
片足あたり100g(サイズ26.0cmの場合)軽量に
なりました。
詳しくは商品ページ -60℃対応冷凍庫長靴NR012
をご覧下さい。

サイズは、マイナス40℃対応の長靴のシリーズ
と同じで1cm刻みですがインソールが
1足分多く入っていて、靴が大きい場合は
インソールをたして調整します。

モデルチェンジをした新発売の冷蔵庫専用長靴を
よろしくお願いいたします。



ありがとうございます。

またまた防寒インナーチョモランマのお話し

ずいぶんと日が長くなりました。

しかしまだまだ寒いです。
昨冬の1月から防寒服プロでも販売を始めた
とても優れた機能性を持つ防寒インナーの
「ひだまりチョモンランマ」
丸1年以上取り扱った中でのご報告です。

昨年6月に防寒服プロをテレビで紹介していただいた
おかげで関西にお住まいの方々からも
「テレビで見た防寒インナー」と
お買い上げいただきました。
寒い地方の方々は存在を良くご存知で
アウターと一緒にお買い上げいただいたりで
2018-2019冬季1シーズンでの
現在取り扱っている肌着上下(上着2点 パンツ2点)
の販売実績からの傾向は

最強防寒インナーシャツ
登山用防寒インナータイツ

の組み合わせで購入される方がとても多かったです。

セーターの下に着る場合は
丸首でインナーが見えないように着れる
同じ価格の上下セット。
これを私の中で普段も着れる最強の肌着と
呼んでいて。

首元も冷やさないハイネックタイプ
とインナーパンツが上がってこないように
裾に足の裏で引っ掛けるゴムがついて
ヒザは2重に補強された防寒タイツ
この同じ価格の上下セット。
これを本格仕様最強肌着
(登山などで使われているため)
と私の中で呼んでいました。

1年目でしたので
どちらを皆様がお選びになるかは
まったく予想が出来ませんでした。
2018-2019冬季シーズンでは
ハイネックとスタンダードのズボン下を
お選びいただいた方が多かったです。

後から気付きましたが・・
そういえば、はじめに自分で試すために買った
上下はハイネックとスタンダードズボン下でした。
これは偶然ですが、きっとその時に
「ハイネックの方が暖かそう。裾ゴムはなくてもいいか」
って私はその時に思ったのかも知れません。

着られる方はさまざまな環境、条件の中で
着用しますので、コレが正解というものはありません。

ご自身のお好みでお選びいただきましたらと思います。

もしどちらにしようか迷われたときに
防寒服プロでだけの集計ですが
今シーズンの傾向をご参考までにと
思い書かせていただきました。

ひだまりシリーズ、またお伝えできる情報が
出てきましたら報告させていただきます。



ありがとうございます。



あの「ひだまりシリーズ」の暖かい靴下

ここ数日とても冷えます。

インフルエンザも流行っているようで・・
乾燥していますしお出かけの際は
マスクなど装着し暖かい格好をして下さい。

私が住む大阪の中部は朝、
氷点下になるかならないかの気温で
雪は降りそうで降らないです。
もっと寒い地域にお住まいの方には
本当に申し訳ないのですが
それでも寒さに慣れていないのでとても寒く感じます。

私は日中は屋内で働いていますので
服装に関しては特に防寒の対策をしているわけでは
ないのですが、足元がとても冷える場所にいるので
バルキーソックスを二枚履きして暖をとったり、
今回、紹介するこのひだまりソックスを履いています。

このひだまりの靴下と本当に良い。
二重になってて暖かいです。
さまざまな機能性も優れています。
防寒靴下機能性は
ひだまりダブルソックス左リンクをクリックして下さい。

具厚くなり過ぎず普もさまざまなシーンで使えます。
体温は逃がさずに靴下の中にかいた汗は外に
逃がす機能を持っているので汗冷えを防止し
快適に過ごすことが出来ます。

ひだまりソックス通販
1足づつ化粧箱に入っていますので
プレゼントとしても喜ばれます。

とてもおすすめの靴下です。

まだ寒い日が続きますので風邪など引かれないよう
ご自愛下さい。


ありがとうございます。

ページトップへ