• 冷凍倉庫用
  • 極寒地用
  • ゴアテックス
  • 防寒用品
  • お客様の声
RSS

涼しい服の取り扱いについて

前回紹介しました北欧の高級ワークウェアブランド

MASCOT。
mascot audi防寒着

例えば・・気に入っている文具のブランドで
いろんなアイテムをそろえている方や
お気に入りの服のブランドがあって
ジャンパーやパンツやシャツなど欲しい方が
いらっしゃいます。
私自身も気に入ったメーカーの製品は信頼しているので
安心して同じメーカーの他の製品も欲しいと思います。

それで今回のお話し。

実はMACOT、防寒着のほかにもアイテムが
あるんです。
では、なぜ紹介しなかったかは防寒着ではないからです。

防寒服プロは暖かい衣類を販売している会社です。
【暖かい服】と一言で伝わるようにそのように
呼んでいます。
私自身の防寒着に対する考え方というのが

熱を奪われることを防ぐための服=防寒着

暖かくいられる服です。
なので
風で被服内の暖かい(動いていなかった)
空気が吹き飛ばされると寒くなります。
ですので防風素材のウィンドブレーカーも
防寒服プロで販売しています。

雨や水しぶきなどの水分は体温を奪います。
なので防水性のあるレインウェアも防寒服プロで
販売しています。

水分というと、汗も水分です。
したがって汗も体温を奪います。
困ったことに、この現象は被服内で起こってしまいます。
被服内の水蒸気を外に放出する透湿性もある製品も
防寒に重要な機能なので防寒服プロではおすすめしています。

暖かいと言っても熱を奪われない衣類の販売を
しているので薄手のモノも販売しています。
それと例外で、食品工場にポケットレスの防寒着を
納品している関係上、異物混入防止の製品は
【防寒】とは関係なく販売しています。


話しを戻して
MACOTの防寒着以外の商品。例えば
MASCOTポロシャツ

工業洗濯に耐える丈夫さと上品な着心地の良さを
兼ね備えた半袖ポロシャツ。
2019年日本初上陸時に防寒着をご購入頂いて
MASCOTブランドを気に入って頂けたお客様は
夏もMASCOTの服を着られるのは嬉しいことのはず

しかし・・・このような涼しげな服は・・・

例えば
MASCOT作業ズボン

MASCOTの防寒コートをご注文頂いたお客様で
揃いの防寒ズボンも欲しい方もいらっしゃったかもしれません。
防寒ズボンは2020年秋時点でまだ販売していません。
しかしオールシーズン用の中綿のない普通のパンツは
日本に上陸しています。

しかし・・この製品の良さを説明するよりも
この製品が防寒着でないこの説明の方が多く必要になる
という理由で防寒服プロに載せるべきか・・

ということで防寒でな内製品は両方とも
防寒服プロには載っていません。

ただMASCOTブランドの
このデザインを、この機能性を、この上品な着心地を
気に入って下さったお客様や
上着は防寒コート。下は防寒ズボンでなくてもいいよ。
というお客様のために


の方にMASCOTワークウェアのコーナーを作りました。

作業服の寺田衣料は、防寒服プロの後に作った
ホームページです。
運営会社は防寒服プロと同じ有限会社寺田衣料です。
同じ会社、同じスタッフで運営していますので
ご安心なさって下さい。


ありがとうございます。

防寒性に優れたMASCOTのワークウェア

暖かくてかっこいい
デンマークのワークウェアブランドMASCOT

アウディ

日本上陸して2シーズン目
防寒服プロでは新商品を5点増やしました。


MASCOTブランドの中のACCELERATE
というシリーズ。

アウディ

赤と黒のツートンのかっこいいユニフォームが
MASCOT ACCELERATEです。


去年発売した

MASCOT ADVANCEDシリーズ

MASCOTADVANCED
上の写真
はさすが北欧のブランド。
羽織った瞬間に違いがわかるほどの
ふわっと包み込む暖かさがあります。

MASCOT ADVANCEDがアッパーグレードとなります。
非常に暖かいです。着心地も抜群です。

私なりに防寒着を評価する基準はたくさんあります。
まずは素材です。
表地の素材が作業に耐える丈夫なものであるか
雨がしみこまないかなどももちろん見ていますが

特には、お客様には見えない部分。
そう防寒着の中。

中綿が普通の綿が入っているのか特殊な防寒性能を
持った機能綿が入っているかどうか。
お客様が着る環境によって適切なものを着る必要があります。

今回のMASCOTは
両グレードとも中綿は機能綿CLIMASCOTを使用しています。

EN342に適合しています。
EN規格とはEU(ヨーロッパ連合)における統一規格で
EN342は寒さに対する規格。
最高値の3レベルです。

そして評価する上で重要な評価は
お客様が着られた実績です。
実際にその防寒着がどのような場所で
着られたかというのを長い年月をかけて
研究しています。

「寒さ」というものは個人差がありますので
個人のお客様に対してこの防寒着で大丈夫とは言えませんし
言わないことにしています。

しかし
「この環境では多くの方がこの防寒着を使用している」
ということはお伝えすることはできますので
実績を積み上げた製品を重要視して
ネット上でお伝えしています。

例えば極寒冷地の場合は極寒防寒着をおすすめしています。
理由は機能綿がしっかり入っていることと
雨や雪が降った場合も防水加工や撥水加工がしているからです。

例えば-50℃などになる冷凍庫で作業する場合は
-60℃対応冷凍庫防寒着をおすすめしています。
理由は機能綿がしっかり入っていることと
冷凍庫内で生地がかたくなってしまわないことです。

このようにおすすめする理由が存在します。

では今回のMASCOTシリーズも
重要なおすすめする理由がございます。
お仕事でヨーロッパに行かれる際
その行った国のお仕事現場で
EN規格に準拠した服の着用を求められる可能性も
ございます。
MASCOT製品を含め準拠したワークウェアは
現地でもお買い求めできるかとは思いますが
日本から持って行く場合は
MASCOT商品ページに準拠している
規格を記載していますのでそちらを見て下さい。

日本の規格に寒さに対するものがございませんので
暖かさや性能にかかわらず
当店はMASCOT製品以外の製品にEU342に適合
した製品はございません。

そのほかも実績に基づいて情報を提供していきます。


ありがとうございます。







ゴアテックス新商品を掲載いたしました

ゴアテックス防寒着


2020-2021冬季
ゴアテックス防寒着の新発売です。

私はとても気に入っています。
欲しかったものが出てくれてうれしい。
お客様もきっと喜んでもらえると思っています。

その理由は
シンプルでかっこいい。
そして
お求めになりやすい価格設定である。
というところです。

よく似たデザインの3wayゴアテックスコート

ゴアテックスアウター

こちらの製品は中綿を取り外して年中使えたり
中綿にNASAの為に開発された特殊な中綿アウトラスト
を使用したりで
超ハイスペックなウェアになるのですが4万円以上の
価格帯の製品です。

こちらの製品の半分とまでは言えませんが
税抜き25000円前後の価格です。
中綿はアウトラストではございませんが
ゴアテックスの群を抜く防水性・透湿性しして
防風性能で暖かくそして快適に過ごせます。
かっこいい防寒着

けっしてお安い価格ではありません。
しかしGORE-TEX素材の中綿入り防寒コートで
このお値段はお喜び頂ける価格ではないかと思っています。

実際に試着いたしました。
私は身長170cmウエスト82cmでLサイズを着ました。

釣りなどアウトドアや普段着として街着にしたり
しっかりした素材なのでお仕事にも着用できます。

またこの製品について報告いたします。
GORE-TEX防寒着


今シーズンもどうぞよろしくお願いいたします。
ありがとうございます。

梅雨に適したゴアテックスレインウェア

梅雨の時期にカッパ(レインウェア)を着ているのに

服が濡れているのは、汗で濡れている可能性が高いです。

遊園地の急流滑りでポンチョを買って
激坂を下りる前に汗をかいて服が濡れてるよなもの
梅雨の時期ともなると
通気性が良くないものを着きていると
汗をかきます。

雨で濡れないようにカッパを着ているのに
長時間、屋外に居る場合はカッパの中はドライに
保ちたい。

レインウェアの外からくる雨はレインウェアの
中に侵入させない。
しかし
レインウェアの中のムレ(蒸気)は
外に逃がす。

このブログで年中同じことを書いています。
重複していてすみませんが
冬場の冷え対策と同じで、梅雨時期も被服内をドライに
保つことによって快適に過ごせます。
その敵である汗の問題。

それは防水性・透湿性のあるものを着用することに
より解決いたします。

防寒服プロでは、ほとんど暖かくいられるものを販売
していますが、実は冬に着るもの以外も販売しています。
理由は聞かないで下さい。

梅雨時期に着るカッパも販売しています。

イチオシがゴアテックスレインウェアです。
梅雨の屋外作業でも普段でも着られる

ゴアテックス軽量


高視認性ゴアテックスレインウェア

がございます。
防水性能とムレを防いでくれる透湿性は群を抜いています。
しっかりした素材で耐久性もありますので
しっかりメンテナンスしてあげてもらって
長くご愛用いただきたい逸品です。

ゴアテックスレインウェアで梅雨も被服内は
快適に過ごして下さい。



いつもありがとうございます。

釣りの防寒着としてアウトドアレインウェアとして人気のGORE-TEX

 GORE-TEX(ゴアテックス)素材の

防水性・透湿性に優れた3wayウェア。
 ゴアテックス人気の防寒&レインコート50123

とにかく「すごい!」ウェアです。
なにがすごいのかと申し上げますと

まずは防水性と透湿性です。
耐水度 35000mm以上
透湿度 10800g以上
細かく書くとすごく長い文章になりますので
数値の意味はここでは省略いたしますが
耐水度10000mmは大雨でも問題ない数値で
良い防水性の製品。その何倍もすごい!
ムレを放出する透湿性も同様です。
良い製品と比べてさらにすごい。

つぎにすごいのは
真冬の防寒着としても梅雨のレインウェアとしても着られます。
なぜ?
中綿入りのインナーが取り外せるからです。
冬だけではなく、春先 梅雨 秋 冬と3シーズン着られます。

その取り外せる中綿入りインナーの
中綿の素材は、アメリカのNASAの為に開発された
特殊素材なんです。
すごい!ですよね。

そのすごさをムービーで見て下さい。


モデルは身長170cm LLを着用しています。

1
真冬はインナーを付けて完全防水防寒着に

2
春先や秋はインナーを外してジャケットとして
また梅雨時期は蒸れないレインウェアとして

3
冬はインナーのみをアウターとして着ることも可能


ゴアテックス防寒着

釣りなどアウドドアレジャーにも
ワークにも梅雨の自転車の運転などなど
さまざまなシーンに対応し
丈夫な素材で長く着られる使い勝手が良く
素晴らしい機能を持った


このブログではすごいすごいとしか書いていませんが
上記リンクの商品ページにはしっかりと解説していますので
よろしければご覧下さい。




ありがとうございます。




北海道石狩市にある白銀の滝を極寒防寒着59000で散策


防寒着体験リポートの最新版の公開が4月になりましたが
1ヶ月以上前、春になる前の北海道です。

今回は場所を増毛町から石狩市に移しての撮影です。
北海道でマイナス4℃と聞けばなぜか暖かく聞こえるのが
不思議ですね。
いつもの人気の極寒防寒着59000を着て白銀の滝へ
北海道の素晴らしい風景をお楽しみ下さい。



ありがとうございます。

防寒着の日頃のお手入れに即効消臭スプレー新発売

日頃マメに洗濯できない防寒着。
しかしできる限り清潔に着用したいです。

そこで今回は
洗濯した後から次の洗濯をするまでの期間を
気持ちよく快適にご着用いただく方法を書きます。

汚れに関しては、こまめに中性洗剤で拭いて
汚れを拭き取り布で落として下さい。

汗やそのほかのニオイについては
消臭スプレーを使ってこまめにケアして下さい。

おすすめの消臭スプレーは

銀イオン水効果
ミューファン銀イオン水除菌効果
防寒着消臭除菌スプレー
今年1月23日に展示会に行って、私自身効果を試す実験を
してきました。
実験とは、アンモニアをしみこませた布のニオイを
かいでから、スプレーを噴霧しその後すぐに
またその布のニオイをかいでニオイが即効で消えているか
どうかというものです。

即効で消えるかどうかという実験で
まずアンモニアの強烈なニオイをかいでいるので
鼻にというか頭にですかね、強烈な刺激臭の記憶
が残っているのか
私自身の感想としては100%一瞬でニオイが消えたかは
わかりませんでしたが
布にニオイが残っていないと感じました。

個人的に購入して使っています。

アンモニア嗅いでるとき動画撮っときゃ
「うーわ!」って大阪人のリアクションをご覧に入れられて
良かったかもです。

それはさておき
こちらの消臭スプレーおすすめできます。
すでにご家庭にお気に入りの消臭・除菌スプレーが
ある場合はそちらで問題ないです。
こまめに防寒着にスプレーしてあげて下さい。
そのあとは形を整えて陰干しして下さい。



商品ページに載せています。
是非詳細をチェックしてみて下さい。



ありがとうございます。

厳寒の北海道の雪山で着る極寒防寒着59000コート


今回はマイナス7℃の気温ですが前回の吹雪より
穏やかな天気で良かったですね。

今回のこのブログの記事で、初めて見た。
という方は
こちらでは第一話から順番に1ページにて
続けて紹介していますので初めての方はこちらも
ご覧下さい。

次回の第六話は、スキー場から舞台を移して
北海道の別の場所からお届けします。
どうぞお楽しみにしていて下さい。!

最強防寒着極寒

川村さんが着用している防寒服プロ人気NO1の


ありがとうございます。

吹雪に耐える防寒着

 


2019-2020年冬季は暖冬とは言えやはり北海道は
寒そうです。
動画を見て吹雪の音だけで寒さが伝わってきます。
当店NO1の人気と実力を持つ極寒防寒着59000
は暴風性能も備えているので風を通しません。
中は肌着と薄いフリースで寒くないと話していました。
それは被服内の暖かい空気が風で飛ばされず守られている
ということです。
しっかりと動かない空気を保有しているのは
防風性があるということと同時に
高機能中綿が機能している証拠となります。

ありがとうございます。

スキー場で働く人に向く防寒着59000

スキー場で働く川村和正さん。

スキー場に許可を頂いて実際にお仕事風景を撮影して 
もらいました。
 

着ている服は防寒服プロでダントツ一番人気の
です。

防寒性、防風性、防水性、透湿性に優れた
ハイスペックな防寒着です。

ご覧頂いてご理解頂けるように、極寒地用の防寒着の割に
具厚くなく、体を動かしやすく作業しやすい作業服と
なっています。

スキー場のような雪が降っている、また積もっている場所
でのお仕事に向く防寒着と言えます。

まだまだリポートは続きます。
お楽しみに!

ありがとうございます。

ページトップへ