• 冷凍倉庫用
  • 極寒地用
  • ゴアテックス
  • 防寒用品
  • お客様の声
RSS

防寒着の洗濯方法

防寒着洗い方

【防寒着の洗い方】

防寒作業服のお手入れの方法です。
クリーニングに出すのがいいのですが
シーズンの終わりにクリーニングに出すのはまだしも
日ごろは自宅で手入れしたいものです。
汚れもマメに落としたいです。

そこで
ご家庭でお手入れされる場合の
なるべく痛みにくい簡単な洗い方と
撥水性の復活の方法をお伝えします。

防寒の内部にあるタグ(脇腹の当り)
に洗濯機のマークか手洗いのマークかございます。
その方法で洗ってください。

防寒着洗濯機

【洗濯機で洗う場合】

洗濯機のマークが付いている場合
洗濯機でお洗濯できます。

洗う防寒着のファスナーを上げてボタンも全て
留めてから裏返しにしてください。
そしてネットに入れてから洗濯機に入れてください。
これが中綿が崩れにくいコツです。

他のものと洗わないで下さい。
防寒着のみで洗ってください。
柔軟剤、塩素系漂白剤、しみ抜き剤は使わないようにして下さい。

乾燥機には入れずに形を整えてから
風通しの良い場所で陰干しして下さい。

防寒着洗濯機

防寒着手洗い

【手洗いの場合】

手洗いのマークが付いてる場合。
たらいに手を突っ込んでいるようなマークがございます。
水で押し洗いしてください。

頑固な汚れは40℃以下のぬるま湯が効果的です。
防寒着をきれいにたたんで何度か押すように洗います。

乾燥機には入れずに形を整えてから
風通しの良い場所で陰干しして下さい。

防寒着手洗い

防水防寒

【防水防寒着のお手入れ】

防水防寒着が汚れた場合は
洗濯機を使わずに汚れた箇所を少量の中性洗剤で
やさしく拭いてお手入れしてください。

ブラシなどは使わないで下さい。
脱水機も乾燥機も使わないで下さい。

手洗いのマークが付いているものは
手洗いして形を整えて
風通しの良い場所で陰干しして下さい。

防水防寒着洗い方

撥水性復活方法

【撥水生地の撥水性を復活させる方法】

寝た「撥水基」を起こしてあげることで撥水性は復活します。

まず、撥水基とは生地、表面の
超細かいうぶ毛のようなものです。
どのくらい細かいのか?というと水分子より細かい。

その撥水基が綺麗にならんで立っている状態だと
水滴の玉がコロコロと転がって落ちる
水を弾いている状態です。

逆に撥水基が汚れや擦れなどで倒れていると
水を弾くことが出来ません。

撥水基を起こす方法は簡単。

「熱を加えること」

ドライヤーやアイロンで熱を加えることで撥水性が復活します。
アイロンをかける場合は低温で当て布をします。


ゴアテックス洗い方

【ゴアテックス洗濯方法】

まず洗濯表示を見ていただいてそれに
従ってお洗濯してください。

【洗濯機マーク】
洗濯機で洗える場合は、液体洗剤を少なめで入れ
ファスナーやベルクロを閉めて洗濯ネットに入れ洗います。
洗剤が残ると撥水性が低下しますので
すっかりとすすぎを行います。

【手洗いマーク】
手洗いの場合は、綺麗にたたんで
生地を傷めないようにやさしく押し洗いします。
頑固な汚れは40℃以下のぬるま湯が効果的です。

【干し方】
形を整えてから風通しの良い場所で陰干しして下さい。
生地の劣化を防止するため直射日光に当てないようにしましょう。

【仕上げ】
陰干し後の仕上げは生地の撥水性を回復させましょう。
ドライヤーで熱を加えるか
当て布をして低温のアイロンをかけます。
その際は、アイロンのスチーム機能はOFFにして下さい。

熱を加えることで生地の撥水性が復活します。

簡単に性能は落ちませんのが
気が向いたときや気がついたときに撥水スプレーをかけて
お手入れしてあげて下さい。

丁寧なお手入れで
ゴアテックスの最高の性能を長く味わえます。

ひだまり洗い方

【ひだまり防寒インナーの洗濯】

エベレスト登山隊に採用された
ひだまりチョモランマなど
群を抜く保温力と汗冷えを防止する透湿性を持つ
ひだまり防寒インナーシリーズは
洗濯機で洗うことが出来ます。
ネットに入れてから洗濯機に入れて下さい。
ひだまり防寒インナーは熱に弱いため
乾燥機やアイロンなどは使わないで下さい。






長くご愛用頂くために、マメにお手入れしてあげて下さい。

ありがとうございます。

防寒着洗濯方法

ページトップへ