• 冷凍倉庫用
  • 極寒地用
  • ゴアテックス
  • 防寒用品
  • お客様の声
RSS

失敗しない防寒着の選び方

一見同じに見える防寒着たち。

実はそれぞれ特徴が違い、意味を持って存在しています。

例えば・・
冷凍雇用防寒着は-20℃〜-60℃の寒さに耐える
ために存在していますので、寒さに耐える力を集中させて作られています。

冷凍倉庫用防寒作業着は倉庫内で着用するので
大雨や嵐に耐えるほどの防水機能は必要ありません。

倉庫から出入りするので雨にも当たりますが
撥水加工はしているので多少の雨は撥水加工で十分です。

そしてその冷凍倉庫用というグループの中で
と分かれています。

防寒着を場所(冷凍倉庫)と用途(マイナス何度の倉庫)
で選びます。


では屋外用の防寒着です。
氷点下になる冬場の場所の屋外作業では
雪や雨も降りますし作業中は汗をかくので汗が冷えては
を着用します。
機能綿とよばれるあたたかい特殊な中綿入りの防寒服。

特に、例えば・・・
東北の人が東北で作業する
大阪の人が東北で作業する
は耐寒が違います。

後者の場合は本当に極寒地作業着をおすすめいたします。

そして
寒がりな人、そうでない人の違いがあるので
全てが当てはまりませんが、大阪など寒くない地域での
屋外作業の場合は極寒地用をおすすめはしていません。

雨でも作業が続く場合は防水防寒着で十分です。
あとは、軽さを重視するか丈夫さを重視するかや、
コスト・会社のイメージカラーなどから選びます。

防寒服プロではカテゴリーに分けて防寒着選びを
していただきやすくしています。
もし選ぶのに迷ってしまっても大丈夫です。

私、寺田宛にお電話下さい。TEL072-924-2040
毎日たくさんのお客様よりお電話やメールにて
お問い合わせをいただいており、長年防寒着に
携わっているので実績と経験で、
どの地域(場所)でどんな事(用途)をされるか
教えて頂きましたら、その場ですぐに提案いたします。

お気軽にお問い合わせ下さい。

作業環境に最適な防寒着

作業する環境で選ぶ防寒具が変わります。

例えば・・

Q: 

20℃の極寒現場作業で着用出来る防寒着は

どれがいいですか?

A:

当サイト最強スペックの防寒着です。

北海道北部、豪雪地帯、ロシアなど

十分な実績があります。

汗を外に逃がす性質も兼ね備えています。

大雨にも耐える防水機能もありNo1商品です。

http://www.boukanfuku.jp/SHOP/0154-59000.html

Q: 

大雨でも雨が浸み込まない防寒着はどれがいいですか?

A: 

耐水圧10.000mm以上の防寒着をお選び下さい。

超防水防寒着特集の防寒着の中からお選びいただくと安心です。

http://www.boukanfuku.jp/SHOP/155950/155957/list.html


など色々な種類の防寒着がございます。


出来る限りお客様にお選びいただきやすく

カテゴリー分けをしていますが、

もしわらないことがございましたら、

お気軽に担当の寺田宛にメール・お電話下さい。


作業環境や行く地域をお知らせいただければ

長年の経験を元にお客様と一緒に最適の

防寒着選びをさせて頂きます。


TEL 072-924-2040 

防寒服プロ 運営会社:有限会社寺田衣料

防寒着のサイズ選び

防寒着のサイズ選びについて

よくご質問いただく内容をお伝えします。

「防寒着は今着ているサイズより大きいサイズが良いですか?」
とよくお電話いただきます。

個人差がございますし製造メーカーの
サイズ規格にもよりますが、
防寒着は服の上から着られる前提で作られていますので
例えば、Lサイズの服を着られている場合は
Lサイズで大丈夫です。

Lの服もLLの服も着られている場合はLLサイズで大丈夫です。

サイズが小さすぎると動きにくいですが
大きすぎると防寒着と服の隙間から冷気が入って
寒いのでぴったりしたほうが暖かいです。

しかし中にたくさん着込まれる場合は1サイズ大きいほうが良いかもしれません。

もしどうしてもわからない場合は
私、寺田までお気軽にお電話にてご相談下さい。

TEL072-924-2040
防寒服プロ 運営会社:有限会社寺田衣料

ページトップへ